リバイブラッシュはまゆ毛美容液/アイクリームとして使えます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リバイブラッシュはまつ毛にハリやコシを持たせるケアをして、保湿成分や保湿成分により、健康なまつ毛に導くことが出来るまつ毛美容液です。

そんなリバイブラッシュにはまつ毛美容液の効果の他に、まゆ毛美容液としての効果を発揮することが可能です。

しかしまつ毛美容液だからといって全てのまつ毛美容液が、まゆ毛美容液アイクリームとして使用できるわけではありません。

リバイブラッシュだからこそ、まゆ毛美容液/アイクリームとして使用できるわけですが、なぜ使えるのか成分の効果の観点から見ていきましょう。

 

リバイブラッシュの刺激が少ない特徴が活かさせる

リバイブラッシュの特徴として、成分による刺激が少なく安全性が高いことがあります。

これはまつ毛美容液としてだけでなく、まゆ毛美容液やアイクリームとして使用する際にはとても重要なことでもあります。

まゆ毛美容系/アイクリームに必要な効果の条件としましては

  • 保湿成分が多く配合されている
  • 低刺激で安全性が高いこと

といった事が挙げられます。

なぜこれらの条件が必要なのかといいますと、まゆ毛美容液もアイクリームもどちらも肌に直接塗るという使い方になるからです。

刺激性が高いと肌に塗った際に肌荒れを起こしてしまう恐れがあります。また、アイクリームとしては保湿効果が一番重要になります。アイクリームの成分はほとんどが保湿成分で、目元を保湿することによりシワやたるみを防いでいるのです。(もちろんまゆ毛美容液にも保湿効果は重要です。まゆ毛を保湿することにより健康な毛を育毛させることが可能になるからです。)

ですからまゆ毛美容液とアイクリーム共に、保湿成分が多く配合されていて低刺激がある必要があるわけです。

 

リバイブラッシュがまゆ毛美容液やアイクリームとして使用できる理由はココにあります。

  • 保湿成分を豊富に配合
  • 20種類の無添加
  • 刺激性試験をクリア

といったように、まゆ毛美容液やアイクリームとして必要な条件がリバイブラッシュには揃っているのです。

 

リバイブラッシュの成分もまゆ毛やアイクリームの効果に影響

いくらリバイブラッシュが「保湿成分が多く配合されており刺激が少ないからまゆ毛やアイクリームとしても使用できる」と言われても、効果がでなければ意味ありませんよね?

  • まゆ毛美容液なら、まゆ毛が増える
  • アイクリームなら、目元のシワやたるみが減る

リバイブラッシュは安全に使えるというだけでなく、これらの効果も発揮してしっかりとまゆ毛美容液やアイクリームとして使用することは出来るのでしょうか?

 

まゆ毛とまつ毛は同じ”毛”ですので、多くな違いはありません。まつ毛美容液だからまゆ毛には効果が無いということはなく、同じ”毛”ですので同等の効果が出ることが期待できます。

リバイブラッシュの毛への効果は他のまつ毛美容液と比べても高いと考えられます。その理由というのがリバイブラッシュの育毛成分として配合されている「キャピキシル」という成分です。この成分は男性用育毛剤やAGA治療(薄毛治療)などにも使用されている成分です。市販の有名な男性用育毛剤であるリアップに配合のミノキシジルの育毛効果の3倍の育毛効果が期待できると、キャピキシルの開発会社の研究がされています。

(髪の毛まつ毛もまゆ毛も、構成するのはタンパク質ですので違いはありません。)

男性用育毛剤に使用されている成分をまゆ毛に使用できるのは効果が期待できそうですよね!

キャピキシルという成分はなく、リバイブラッシュではこちらの成分名で配合されています。

  • アカツメクサ花エキス
  • アセチルテトラペプチド-3

まつ毛美容液などの育毛効果を出す商品の必須の成分としてペプチドがあります。このペプチドはまつ毛美容液にはほとんど配合されている成分もある育毛成分です。ただしペプチドを配合してる数についてはどの商品もバラバラで、リバイブラッシュには他もまつ毛美容液よりも倍近くの6個配合しています。

このことからも育毛効果に期待ができるかと思います。

 

アイクリームとしての効果としましては、リバイブラッシュにマイオキシノールという成分が配合されていることで効果が期待できるでしょう。マイオキシノールはアイクリームとして販売されている商品に配合されている成分でもあり、目元のシワやたるみに効果的とされています。

 

以上のことから、リバイブラッシュはまつ毛美容液だけなく、まゆ毛美容液やアイクリームとしても効果が期待できるということが分かるかと思います。

 

リバイブラッシュの安全性はなぜ高い?

リバイブラッシュは刺激性が少なく安全性が高いので人気と言われてはいますが、まつ毛美容液というと

  • 充血
  • 色素沈着
  • 痒み

といったような副作用があると言われていますよね。

もちろんそのような副作用の恐れがあるまつ毛美容液は、まゆ毛美容液やアイクリームとしては使用できないのですが、リバイブラッシュの安全性についてもう一度理解しておきましょう。

 

まゆ毛美容系で充血や色素沈着などが起こる原因としましては、配合成分によるものがほとんどです。「ビマトプロストが配合されているまつ毛美容液は危険」といった事が書かれている記事を見たことある人は多いのでは無いでしょうか?

ビマトプロストは緑内障の治療成分として使用されている成分で、まつ毛を伸ばす効果がある一方で充血や色素沈着などの副作用もあるとされている危険な成分です。

ネットではビマトプロストが有名ですが、他にも

  • プロスタグランジン
  • プロステノールアミド

といった成分もビマトプロストと同じ働きをする為危険と言えるでしょう。

これらの成分はまゆ毛美容液やアイクリームとして使用する以前の問題の、まつ毛美容液としても危険な成分であると言えるでしょう。

 

また、リバイブラッシュには防腐剤が配合されていないことは安全性が高い大きなポイントだと思います。

通常、まつ毛美容液には、

  • パラベン
  • フェノキシエタノール

といったような成分で防腐剤が配合されており、まつ毛美容液の品質を高めているのですが、人によっては肌に触れた際に痒みを生じる原因にもなる成分でもあります。また、目に入ってしまった場合には目がヒリヒリする充血するといった症状が起きる可能性があります。

ほとんどのまつ毛美容液やまゆ毛美容液には防腐剤が配合されているのですが、リバイブラッシュにはこれら防腐剤は一切配合していません。今までまゆ毛美容液を使って肌に合わなかったという人は、もしかすると防腐剤が肌に合わなかったのかもしれません。安全性が高いとされるまつ毛美容液のリバイブラッシュなら使えるかもしれませんね。

 

防腐剤と同じ内容にもなりますが、リバイブラッシュは20種類の無添加を実現しています。

旧表示指定成分、石油系界面活性剤、合成保存料、合成着色料、鉱物油、動物性オイル、紫外線吸収剤、酸化防止剤、殺菌剤、防腐剤、シリコン、エタノール、合成ポリマー、緩衝剤、キレート剤、溶剤、ヘキシレングリコール、オクタンジオール、キャリーオーバー成分

これら成分を一切配合しないことにより、

  • ヒリヒリする
  • 目に染みる

といったトラブルを事前に避けることが可能になります。

まゆ毛美容液やアイクリームとして使用していても、目に入ってしまった場合はこのような安全性が高くなければヒリヒリする目に染みるといったようなトラブルが起きてしまいます。

もしかするとリバイブラッシュは、

  • まゆ毛美容液よりも安全性が高いまゆ毛美容液
  • アイクリームよりも安全性が高いアイクリーム

なのかもしれませんね。

リバイブラッシュの効果の秘密|効果なしの声とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。