リバイブラッシュのまつ毛への効果の秘密|効果なしの声とは?

リバイブラッシュはまつ毛にハリやコシを持たせるケアをして、保湿成分や保湿成分により、健康なまつ毛に導くことが出来るまつ毛美容液です。

リバイブラッシュの特徴といえば低刺激や安全性かと思います。他のまつ毛美容液を寄せ付けない安全性の高さにより、はじめてのまつ毛美容液として人気です。

  • 安全性が高い
  • 低刺激で肌に優しい

などと聞いて考えてしまうのは、まつ毛美容液としての効果ですよね。

「低刺激で安全性が高いせいで効果があまりないのでは?」

などと考えてしまいがちです。

リバイブラッシュの効果について紹介していきます。

 

リバイブラッシュの成分による効果とは?

まつ毛美容液の効果を示す指標として成分が最も重要です。

いくら効果が高いまつ毛美容液といわれても肝心の成分が配合されていなければ効果は発揮できません。

リバイブラッシュではどのような成分が配合されているのでしょうか?

リバイブラッシュの全成分はこちらです。

 

水、BG、グリセリン、プロパンジオール、ペンチレングリコール、ヒドロキシエチルセルロース、グリセリングルコシド、アルガニアスピノサ核油、アセチルテトラペプチド-3、アセチルデカペプチド-3、オリゴペプチド-20、オリゴペプチド24、オリゴペプチド41、オクタペプチド-2、アカツメクサ花エキス、パントエバガンス(リンゴ液汁・ウメ果実)発酵エキス液、加水分解オクラ種子エキス、加水分解アナツバメ巣エキス、加水分解エラスチン、加水分解コラーゲン、加水分解シルク、アセチルヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2K、パンテノール、水添レシチン、デキストラン、デキストリン、フィトステロールズ、キサンタンガム

 

リバイブラッシュの育毛成分

リバイブラッシュで有効成分として配合されているのは以下の2つの成分です。

  • キャピキシル
  • プロヘアリンβ4

 

まずはキャピキシルについてです。

リバイブラッシュでは以下の成分表示で配合されています。

  • アカツメクサ花エキス
  • アセチルテトラペプチド-3

このキャピキシル本当に効果があるのでしょうか?

調べてみると、キャピキシルは男性用育毛剤やAGA治療として使用されている成分であるという事が分かりました!頭皮の薄毛のお悩みを解決するために使用されている成分ですから、効果には期待ができそうですよね。

リバイブラッシュではこのキャピキシルを、メーカー推薦濃度の5%という高濃度で配合しています。

また、キャピキシルは育毛剤に使用されている成分の中でも効果が高いと成分であるという事も分かりました。

男性用育毛剤のリアップをご存知でしょうか?

リアップにはミノキシジルという育毛成分を配合しているのですが、キャピキシルはミノキシジルの効果の3倍の育毛効果があると言われているんです。

これはリバイブラッシュの効果には期待が高まりますね。

 

次にプロヘアリンβ4です。

リバイブラッシュでは以下の成分表示で配合されています。

  • オクタペプチド-2

ペプチドはアミノ酸が結合した成分で、高い美容効果の他に育毛効果にみ期待ができるとされている成分でもあります。ほぼ全てのまつ毛美容液に配合されているペプチドですが、まつ毛美容液によってはペプチドの数はバラバラです。(ペプチドの配合数が多ければ多いほど育毛効果が高いと言えます。)

1個しか配合していないのにペプチド配合と大々的に表示したり…

しれっと数十個配合していたり…

リバイブラッシュでは何個のペプチドを配合しているのでしょうか?

答えは6個です!

先程紹介したキャピキシルもペプチドとして配合されています。

実は6個もペプチドを配合しているまつ毛美容液はリバイブラッシュだけなんです。リバイブラッシュの効果に期待出来そうですよね。

 

リバイブラッシュの保湿成分

まつ毛のケアには保湿がとても重要です。あまり保湿を重要視していない人が多いのですが、まつ毛が薄くなる原因として乾燥が大半を締めているんです。

まつ毛が生えている根本の部分が乾燥することによってまつ毛が抜けてしまうのです。

また、目元が乾燥するとシワが出来やすくなるといったデメリットもあります。目元にシワがあると老けてみえてしまいますよね。そんな対策としても保湿は重要になってきます。

実際にまつ毛美容液の殆どが”目元ケア成分”とした呼び名で保湿成分を多く配合しています。

リバイブラッシュでは以下の保湿成分を配合しています。

  • アルガンオイル
  • スーパーヒアルロン酸
  • グリチルリチン酸2K
  • マイオキシノール
  • プロビタミンB5
  • アナツバメの巣エキス
  • 加水分解シルク
  • マリンエラスチン
  • マリンコラーゲン

リバイブラッシュはまつ毛美容液の中でも多めに保湿成分を配合していることからも保湿効果も高そうですね。保湿効果が高いということは、まつ毛のケアが出来、まつ毛にハリ・コシを与えて丈夫なまつ毛に育てる事が出来ます。

 

リバイブラッシュの悪い効果~副作用の心配は?~

まつ毛美容液といえば、色素沈着、肌荒れ、痒み、目の充血といった症状がよく出てきますよね。

自分が買おうと思っているまつ毛美容液がそのような症状が出るものだったら嫌ですよね…

リバイブラッシュはどうなのでしょうか?

 

リバイブラッシュでは副作用が出るとされる成分を一切配合していません。

まつ毛美容液で副作用が出るとされる成分は実は決まっており緑内障治療で使用される成分がそれに当たります。

緑内障治療で使用している成分というのは副作用としてまつ毛が伸びる効果があるのですがメラニン色素を増やし色素沈着を作ってしまう副作用もあるのです。

緑内障治療で使用される成分は以下の成分です。

  • ビマトプロスト
  • プロスタグランジン
  • プロステノールアミド

これらの成分は医薬成分ですので日本製のまつ毛美容液には配合されていません。

しかし海外製のまつ毛美容液には配合されていることが多いので、海外製を選ぶ際にはご注意ください。

色素沈着だけでなく、肌荒れ、クマ、黒ずみといったリスクがあります。

 

リバイブラシュの安全度

リバイブラッシュは安全性が高いと言われていますが、本当に安全なのでしょうか?育毛剤で使用されている成分を配合しているので本当に安全なのかと疑問になってしまいます。

そこでリバイブラッシュの安全性について調べてみると確かに低刺激で安全性が高いということが分かりました。

それが以下の2つの要因です。

  • 20種類の無添加
  • 5つの刺激性試験をクリア

 

徹底的な無添加を実現

まずリバイブラッシュは20種類の無添加を実現しているということです。

まつ毛美容液は添加物が多く配合されたものが多く、副作用が起こる心配が無い処方でも添加物のせいでアレルギーを引き起こすといった場合があるのです。

そんなリスクを排除するためにリバイブラッシュでは20種類の無添加を実現しています。

まつ毛美容液でここまで無添加に拘りを見てせているのはリバイブラッシュだけです。他のまつ毛美容液は4~6

種類の無添加処方が多いです。

 

5つの刺激性試験クリア

次に5つの刺激性試験をクリアしているということです。

リバイブラッシュは刺激性試験を受けて安全度を証明できています。

  • アレルギー反応
  • 目への刺激
  • 一時刺激
  • 感応性
  • 累積刺激

といった刺激性試験を全てクリアしているのは凄いことでもあるんですよ。

この5つの刺激性試験で絶対に安全だと言い切れることではありませんが、このような試験をしているというだけでも安心度は違いますよね。

 

最後に

低刺激で安全性が高いと言われているリバイブラッシュですが、実際に成分を見てみると、育毛剤で使用されている成分を配合しているなど、まつ毛に効果は期待できそうでした。

安全性が高いから効果が低いというように決めつけない方が、本当に効果があるまつ毛美容液に出会えそうですね。

 

こちらの記事でもリバイブラッシュの効果について詳しく解説されていました↓

参考:リバイブラッシュは効果ない?嘘?口コミから分かった成分の秘密・・・